再起動を繰り返す | 太陽☆月の気になったこと

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトPCトラブル > 再起動を繰り返す

 | 全記事一覧 | 

良評判 PR 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再起動を繰り返す

 掲題の件、少し前に解決したのですが、結論からいいますと原因はあるメーカー製の”CPU自動切替機”(2:1のもの)でした。大手家電量販店でよくみかけるメーカーのものですので、同じ目に遭っている方も少なからずおられるかと思います。

 筆者の場合、PC起動時(再起動時も含む)の10回のうち9回は掲題の症状に見舞われるようになっていました。その都度、”回復コンソール”から”fixbootコマンド”を実行の後、やっとログインできるようになるという面倒くさいことに・・・

 これって結構危険らしいですね。なぜかというと、fixbootコマンドを実行すると”PBR”(パーティションブートセクタ)が壊れることがあるようです。自分はPBRが壊れたことはないのですが、稀に、”FAT16”などの古いファイルシステムで書き込まれてしまうことがあるようです。
ヾ(・ω・`;)ノ

 もし、PBRが壊れてしまったら”Disk Probe”や”MBRX”等、回復ツールを使って回復させるのですが、回復させるのもかなり面倒なのでなんといってもデータファイルはもちろんのこと、安定してるうちのバックアップ(できればブートセクタも)ですね。

 上記のように危険を伴うfixbootコマンドによる回復方法ですが、興味のある方は各自、自己責任で下記の方法をお試し下さい。

 WindowsXPのCDからブート→セットアップの青い画面で””(”←二重引用符は含みません。)と入力(回復コンソール起動)→キーボードの種類の特定(ほとんどの方は半角/全角キーかと思いますが慎重に)→”どのWindowsインストールにログオンしますか?”で、数字【ほとんどの方は1かと思いますが、慎重に選択して下さい。数字(テンキーの場合)が押せない方はNumlockを押す】を入力してEnter→Administrator(管理者)のパスワードを設定している場合は入力してEnter(設定していなければそのままEnter)→”fixboot c:”と入力(cの前には半角スペースが入ります。”←二重引用符は含みません。cはWindowsが入っているパーティションですが、c以外に入れている場合にはそのパーティションを入力)してEnter→新しいブートセクタを書き込む場合は”y”(”←二重引用符は含みません。)を入力してEnter→”exit”(”←二重引用符は含みません。)と入力してEnter

 上記のfixbootコマンドによる回復が成功しなかった場合には、上書きインストールを推奨します。”fixmbrコマンド”【MBR】(マスターブートレコード)の修復による回復方法(上記のfixbootと入力するところをfixmbrに置き換え)もありますが、さらに危険ですので・・・

 また、ご存知の方も多いかと思いますが、予め回復コンソールをインストールしておくことで、起動時のトラブル回復が楽になります(回復コンソールを使うには管理者権限のアカウントが必要です)。

 以下、インストール手順ですが、SP2のCDか、それより前のCDなのかで手順が違います。

SP2のCDを持っている場合
 XPにログインした状態(アプリは閉じておく)でXPのCDをドライブに挿入→”実行する操作の選択の画面”(自動再生になっている場合)の終了をクリック→スタートボタン→ファイル名を指定して実行→”☆:i386winnt32.exe /cmdcons”(☆の部分はCDを入れたドライブの文字です。たとえば、dとかeとかfですね。.exeのうしろは半角スペースが入ります。”←二重引用符は含みません。)→指示に従って進行→終了したら再起動
SP2のCDを持っていない場合
 予め作業用フォルダを作成します。以下、作業用フォルダのアドレスをc:sp2と仮定します。
 c:sp2へ”WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe”というファイルをダウンロード®します。
 次にスタートボタン→ファイル名を指定して実行→”c:sp2WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe /integrate:c:sp2”と入力してOKをクリック(.exeのうしろには半角スペースが入ります。”←二重引用符は含みません。)→完了したらスタートボタン→ファイル名を指定して実行→”c:sp2i386winnt32.exe /cmdcons”(.exeのうしろに半角スペースが入ります。”←二重引用符は含みません。)→指示に従って進行→終了したら再起動

 また、”システムエラー”時の”ブルースクリーン”はデフォルトの設定では一瞬しか確認できないのですが、下記の二通りの方法でじっくり見られるようになります。

方法1
 マイコンピュータを右クリック→プロパティ→詳細設定→右下の起動と回復の覧の設定→システムエラーの覧の自動的に再起動するのチェックをはずす
方法2(SP2以降該当)
 PC起動→F8を連打→方向キー↓で”システム障害時の自動的な再起動を無効にする”を選択→Enter→”オペレーティング システムの選択”で起動させるOSを選択→Enter

 また、詳細なエラーはイベントビューアで確認できます。(と、いいつつ、じっくり見てませんでした)
ヾ(・ω・`;)ノ

スタート→コントロールパネル→管理ツール→イベントビューア

ツクモさん®

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

PC用の極意

TOMOは、仕事柄パソコンを何台も使用するのですが、デスクの上がモニタだらけになってしまいます↓それで、このPC切替器登場!1台のモニタとキーボード、マウスでPCを1~4台使えます。この商品の特徴で、TOMOのお気に入りの便利POINTは、ctrlキー2回と、F1~F4キーで使用す

2007/05/17(木) 02:08:56 | 切替機の厳選紹介

文字拡大ツール

ブログ内検索

カテゴリー

タグ検索リスト

最近のトラックバック

TSUKUMOランキング

 目次

☆最近気になった記事
2007年6月
2007年7月
2007年8月
2007年9月
2007年10月
2007年11月
2007年12月
☆FC2
共有テンプレート
☆備忘録
└作成中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。